MENU
カテゴリー: キャリア , 労働環境 , 職の選択
投稿:

人材紹介会社・コンサルタント

1日のお仕事密着!

今回は外資系・人材紹介会社のコンサルタントン職で働いているAさん(27歳)の1日お仕事密着のブログです。日によっては研修が入っていたり、クライアントとの会議があるそうですが、今回は基本業務の1日を密着しました。そして社内用語は英語、クライアントや候補者とは日本語をメインに使っているそうです。

9:00 出社

コロナの影響でフレックスタイムや在宅ワークをしやすくなりましたが、基本的には週3回は出社するようにしています。まず朝9時出社をしたら、1日のスケジュールを確認し、メールチェックをして返信します。

9:30 チーム会議

毎週月曜日にはチーム会議がありメンバー1人ずつ進捗状況を発表します。今月の売り上げ予想、候補者の面接状況、クライアントからの新着求人等の情報を10人位のチームメンバーと共有します。目標数字をどうすれば達成できるのかを考えて上司に報告することが求められています。

10:00 既存クライアントフォローアップ/新規クライアント営業

既存クライアントに電話やメールをして、候補者の面接状況や新しい求人ポジションについて打ち合わせをします。新規クライアントを見つける為に、リサーチ、リストアップをし、電話をかけます。

12:00 ランチ休憩

同僚とランチをして、午後の業務にむけてリフレッシュ。誕生日が近いメンバーがいたら、誕生日ランチをすることもあります。

13:00 新規候補者と面談

新規の候補者と面談または電話ミーティングをします。転職理由、経歴やスキル、給料、今後目指すお仕事等、職務経歴書を確認しながら詳細を伺います。実際すぐに紹介できるお仕事があれば紹介をします。

14:00 候補者フォローアップ

職務経歴書のアドバイス、求人内容の説明、面接のアドバイス、転職活動の進捗状況等を電話やメールで確認します。迅速かつ丁寧な対応を心がけて、信頼関係を築いていくことが大切だと思っています。

17:00 1日の振り返り

直属の上司とミーティングを簡単に行います。一日の成果を簡単に報告をして、改善点のアドバイスをもらいます。

17:30 履歴書・職務経歴書等のチェック、クライアントフォローアップコール、事務作業

候補者からの職務経歴書、履歴書の内容をチャックをして、担当クラインアントに送ります。その際にクライアントと時間があえば、候補者についてメールだけではなく電話で説明をすることを心がけています。求人の内容と候補者がどのくらいマッチしているのか、丁寧な説明をすることで書類選考の合格率をあげ、次の面接のステップに進みやすいと考えています。

19:00 退社

明日のスケジュールを確認し、残業はあまりせずに遅くても19時に退社できるようにしています。

『Aさんから最後に一言』

数字のプレッシャーは大いにありますが、目標達成をすればボーナスが貰え大変やりがいのあるお仕事だと思っています。担当クライアントと一緒に採用活動を成功させる過程は勉強することが多いです。マネージャー職になれば給料も上がりますし、チームを持つとマネージメントも経験することができるので、まずは毎月の目標を達成できるように日々頑張っています。

関連記事

5つのヒント!職場での苦手な人との付き合い方!

仕事をしていると日頃人と接する機会が多く、苦手な人とも付き合わなければいけないことも多くあるでしょう。仕事をしていて、苦手な人がいるとはかどる仕事もなかなかはかどらない場合もあると思います。転職する際の理由として、人間関係のストレスは常に上位の理由になります。職場での人間関係が良好ならば毎日のストレスも確実に軽減し、仕事の効率アップにつながるでしょう。

フレックスタイム、リモートワーク、シェアードオフィス 未来の働き方トレンド

Flex Time, Remote Working, Shared Office Spaces and Future Work Trends

ここで去年の自分を振り返ってみましょう。あなたはどこで働いていましたか?パーテーションで区切られた仕事場?役員室?それとも重役用会議室でしょうか?休憩室で同僚に会うのを楽しみにしていましたか?それとも良い場所に車を駐めたいだけに毎朝6時に通勤していたとか?職場の雑音から逃れて自宅で静かに仕事をしたいと考えたことはないでしょうか?それは今では夢ではありません。