MENU
カテゴリー: 履歴書の準備

興味を引く履歴書を作るための6つのコツ

Getting your Cv Noticed

一般公開される仕事には、たくさんの応募者が殺到します。全員が履歴書を提出し、面接の電話がくるのを待っています。そんな中で注意を引くためには、履歴書が他の応募者よりも印象的でなければなりません。

激しい競争の中では、他の候補者と比べて傑出した何かが無い限り、履歴書は採用担当部長の元に届く前に却下されるかもしれません。履歴書は採用を決定するものではなく、面接へ進むためのステップです。ある人材斡旋会社は年間800万人の求職者を抱え、一つの募集ポストにつき250人の候補者がいるそうです。次の採用プロセスに進むためには、競争力のある履歴書を作成する必要があるのです。

注目される素晴らしい履歴書を作成するため、下記の6つのアドバイスを参考にしてください。

自己PR

冒頭は就職の目的、目標、主なスキルに関する短い文章で始めましょう。ここは採用担当者が最初に見る場所なので、印象に残ることを書くようにしましょう。

仕事に関連づける

履歴書や英文履歴書のカバーレターに記載する文言やトーンは募集要項に記載されていることと合致するようにしましょう。採用側がどのような人物を求めているかを理解していることを示すためです。例えば、募集要項に「強いリーダーシップを持った人物」とあった場合、強いリーダーシップを発揮した事例を含めます

決まり文句を避ける

皆が履歴書で使うような表現は避けましょう。例えば、勤勉、飲み込みが早い、協調性があるなどのような表現です。代わりにそれらの能力や人間性を物語っている具体的な事例を記載します。

成果を証明する実例を記載する

素晴らしい成果を多く盛り込んだ履歴書は一見すると素晴らしく思えますが、それらを証明する実例を伴っていなければあまり意味がありません。採用担当者は判断材料となるような事実を求めます。あなたがもたらしたROIや、利益の総額、生産性や効率の上昇率などのデータを示しましょう。「売り上げを大きく改善しました」「3年連続で売り上げをxx%上昇させました」のうちどちらに説得力があるかは一目瞭然です。

自分を主役にする

採用は自分を売り込むためのプロセスなので、自分を中心に話をしましょう。「アシストしました」や「関わりました」ではなく、あなた自身が行ったことを直接的、能動的な表現を用いて記載するのです。

履歴書には100%正直なことを記載しましょう。プロジェクトや仕事上で実際には行っていない役割について書いてはいけません。また、前職の上司や同僚に関するネガティブな表現は非常に悪い印象を与えるので、決して記載しないことです。

履歴書は見やすく

何十も何百もの応募書類を見なければならない採用担当者は見るのに手間がかかる履歴書をわざわざ見ません。PDFのような誰もが見られる形式を使いましょう。見やすく、ビジネスで使用するフォントを使用しましょう。原本が必要な場合は、白がアイボリーの紙に黒のインクで印刷します。全ての情報、特に氏名、電話番号、メールアドレスを再確認しましょう。

このようなルールを守っていない履歴書はすぐに選考対象外になります。採用担当者は見やすい履歴書を好み、そのような書類を作る応募者についても好印象を抱きます。必要な情報が十分に含まれており、募集するポストに適合すると採用担当者が判断したら、面接に進める可能性が上がります。

Related Candidate Articles

正しい英文履歴書の作り方

CV Preparation

履歴書を作成するときは、その重要性から緊張するかもしれません。その1ページに書かれたことで採用担当は判断する、完璧に作らなければ、と感じるかもしれません。

英文履歴書のカバーレターの書き方

就職斡旋会社や応募会社側では、あなたについて理解するためにカバーレターを読みます。ですから、カバーレターは第一印象を良くし、会社側があなたを採用することで得られるメリットを理解するために大変重要な役割を担います。