MENU
カテゴリー: キャリア , 労働環境 , 求職活動
投稿:

職場でのキャリアアップを

成功させる方法How To Get Ahead In The Corporate Environment

新年の抱負に「昇進」を目標に掲げても、苦戦している人は多いようです。どうすれば上司に認められて昇進できるのでしょうか。

あなたが仕事で輝くための10のヒントをご紹介します!

  • 衝突をさける

職場でのドラマ、衝突や言い合いは避けられない現実です。可能な場合は関わらず、ネガティブなコメントや批判を避けて、自らの仕事に集中しましょう。ネガティブな話をする人とはなるべく関わりを持たないようにして、上司としての公平な役割をみせましょう。

  • 自分の失敗の責任は自分で負う

誰にでも間違いはあります。失敗をした時は責任転嫁をしないようにしましょう。上司はしっかりと責任をとり、その失敗を自ら解決する姿勢を評価します。

  • リーダーになる

どんな職場にもリーダーは必要です。そんな人物になりましょう。問題を抱えている人が相談しにいくような人になりましょう。リーダーシップはどのような管理者にも必要な素質です。難局に対処し、人を管理し、揉め事の仲裁をする能力は昇進に必要な能力です。

  • 与えられた業務を全て完了する

与えられる仕事の全てが管理能力を必要とするとは限りません。単調な仕事を任せられても、必ず重要なタスクを行うときと同じくらい真面目に取り組みましょう。平凡なミスをしないように気をつけましょう。与えられた仕事に全力で取り組むこと。一貫した姿勢が大切です!

  • 自分の意見を言う

グループで仕事をする際に発言をすることは大切です。あなたの意見が通らなくても良いので、必ず同僚と意見を交わしましょう。時には失敗から最高のアイデアが生まれることもあります。上司と話すときは要点を簡潔、明確、そして正確に。尻込みしてはいけません!

  • 自分を確立することを学ぶ

仕事では、チームワークが大切ですが、自分らしさを出すことも重要です。褒められるのを嫌がったり、自分の頑張りを他の人に譲ったりしないことです。同時に、自分が昇給に値すると思うのであれば、上司に相談してください。自分が何を望んでいるかを上司に伝え、それをきちんと主張しましょう。

  •  進んで学ぶ

仕事を進める上で必要な情報の大半は研修で学ぶことができます。研修の一つ一つ、そして同僚や指導者からなるべく多くのことを学ぶことが重要です。彼らから仕事のノウハウを学ぶことが評価される従業員になることに繋がります。そして、質の高い仕事をすることが昇進に繋がります。

  • ネットワーク

仕事を開始してからずっと自分の席に閉じこもっていてはいけません。新しい健全な人間関係を築くことが非常に重要です。例えば郵便配達員に対しても、誰にでも親切にしましょう。新しい人間関係を育むことであなたの人柄が噂になり、上司にもあなたの人間性が伝わることもあるのです。

  • 提示される課題に挑戦する

職場に課題はつきものです。そのようなときは、積極的に挑戦し、与えられた仕事をすべてやり遂げることが大切です。もし、手に負えないときは、同僚に助けを求めるようにしましょう。その努力が認められ、職場で臨時報酬が得られるかもしれません。

  •  上司を過剰に持ち上げない

上司を敬うのは大事ですが、不必要におだてることは不要です。上司もご機嫌をとるような従業員は嫌いだからです。居心地が悪く感じ、昇給のチャンスを考え直す可能性もあるでしょう。上司ではなく自分のことに集中すれば自然に好印象を与えることができるでしょう。

関連記事

人材紹介会社・コンサルタント 1日のお仕事密着!

今回は外資系・人材紹介会社のコンサルタントン職で働いているAさん(27歳)の1日お仕事密着のブログです。日によっては研修が入っていたり、クライアントとの会議があるそうですが、今回は基本業務の1日を密着しました。そして社内用語は英語、クライアントや候補者とは日本語をメインに使っているそうです。

外資系企業で働いた体験談

My Experience Working at a Foreign Company

これから外資系企業へと転職を考えている方に参考してもらいたいと思い、以前中規模の外資系企業で働いた実体験をお話したいと思います。外資系といってのいくつか種類があると思いますが、私が働いていた会社は海外に本社がある日本支社で働いていました。外資系といっても色々な社風がありますが、会社の経営方針や理念は海外の本社で決めていて外国人も多く在籍していたので、外資系としての社風は強かったと思います。